台湾のアウトドアショップへ行って来ました

こんばんは。

明日からまた梅雨空に戻りそうな天気予報ですね。

週末は天気が回復しそうなのでお出かけ日和になりそうですね。

先日、プライベートで台北へ出掛けてきました。

現地に台湾人の友達に会うのと、アウトドア事情をチェックしに毎年出掛けております。

近くて安くて何と言っても食べ物が美味しいのが魅力的です。

まず1軒目はスノーピークの直営店 HQ LOUNGEです。

台北中心からは少し離れた所にあり、MRTという乗り物に乗り淡水線で芝山という駅で降りて徒歩5分ほどの所にあります。

直営といえば限定タンブラー。以前は黒文字のものしかなかったのですが、白文字が出てました。

店内の様子です。

ドラえもんがいます!!たくさんいます!!

雪峰祭も行われたようです。

限定品は直営のネーム入りタンブラーの他にこちらのアメニティドーム

こちらはメッシュアメニティドームという台湾限定モデルでインナーがフルメッシュとなっています。

またフライのサイドが1箇所多く開くようになっていてとても過ごしやすそう。

日本でも需要の有りそうなモデルですね。インナーだけの販売もありそれもまた日本で需要の有りそうな。

2軒目はこちら。百岳登山館。台北市街から車で15分ほど。タクシーで日本円で500円ほどで来れます。

店舗前はブランドの街灯が並びかなり目立ちます。

2店舗が並んであるのですが、向かって右が山屋、左がキャンプ屋という感じです。

 

この店舗だけで大体のものは揃えられます。

 

看板を見ているだけでワクワクしてきますよね。

山屋の店内はこんな感じ。

アパレルやザックが並び小型のバーナーや関連商品が並んでいます。

キャンプ屋の店内です。

どこかで見たことのあるBBQの釣竿。こういうお店に来ると日本で見たことある商品が実はOEMだったことを知ったりするんですよね。

スノーピークはもちろんですが、コールマンもしっかりあります。しかもマスターシリーズ!小田原のどこかのお店のようですね。

台湾は結構ロゴスを目にします。あとはコベア。

奥に行くと薪ストーブ。タブレットが置いてありイメージ画像が流れています。しかし外の気温30℃越えのこの時期には辛い画像でした。

火遊び関連はペトロマックスが充実しているように感じました。

そして3軒目。撒野

2軒目のお店から歩いて3分ほど。キャンプの専門店です。多分スノーピークSIS

2階建ての店内は広く入ってすぐにローベンスのフェアバンクスが設営されていました。

写真が撮れなかったのが残念ですがイメージがすぐに湧く店内です。

3年前ほどに行った時はノルディスクだらけの店でしたが、去年訪れた時は既にローベンス一色。

sotosotodaysがローベンスを始めるきっかけを与えてくれたお店です。

2階はスノーピークコーナー

スノーピークがほぼ売り場を占めていますが。端っこに少しギアバッグが並んでいました。

ここにもたくさんいます!ドラえもん!

そして最後の4軒目。

3軒目の隣、易遨遊

山寄りのアウトドアショップ。

テントなどは少なく小物が結構並んでいました。

奥はアパレル。2階は展示スペース+テントや小物が少しありました。

店内入ってすぐにクライミング、ボルダリングコーナーがありましたが、その辺の商品はありませんでした。

という感じで、ショップを4軒回って来ました。やっぱり外国のショップへ行くのはかなりの刺激になりお店でこんなの置いたら売れそうとか、色々妄想してしまいます。

綺麗に並べても、ゴチャゴチャしていてもなんかワクワクしますよね。

ぜひ、台湾へ行く機会ありましたらお店に行って見てください。情報が知りたい方はお店まで!!

では、明日はスノーピークやTNF、チャムスの展示会へ出掛けて来ます。

 

この記事を書いた人

野毛 陽平
日本一テントを設営する
ショップスタッフ目指します。
年間250張りテント設営目標です。
キャンプ大好き2児の父。

スポンサード リンク

ABOUTこの記事をかいた人

日本一テントを設営する ショップスタッフ目指します。 年間250張りテント設営目標です。 キャンプ大好き2児の父。