11月ワークショップレポート★青空の下、それぞれのスプーンができあがりました

11月10日、11日で開催されたワークショップ「マイスプーン作り」。

夏の戻りを思わせる陽射しのもとで、無事に終了いたしました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

今回の会場として用意したテントは、テンティピ サファイア15cp。
でも、ちょっと中で作業するには暑すぎ?でも外も陽射しがジリジリ…それくらい良いお天気でした。

テント前にはモーラナイフのウッドカービングシリーズが並びました。

まずは木を選んでどんな形のスプーンにしたいか簡単に形取りをします。

みんなそれぞれ思い思いの形を描きながら、無駄な部分をカットし、そしてまずはすくう部分を彫っていくところから始まります。

 

まじ先生の優しく丁寧な指導を受けながら、ゆる~い時間が過ぎていきます。

最初からでは時間がかかると思った方には・・・

まじさんが型どりしてくださったサンプルの用意があり、そこから挑戦することもできました。

すくう部分をほるだけでもいろんな道具があります

お父さんと参加した小学6年生のお子さん。根気よくがんばっていました。

ナイフは危ないからダメ、ではなく、使う上で何が危ないのか、どうしたらケガしてしまうのか、

使い方を間違わなければ、こんなに便利な道具だと教えることができますね。

 

黙々と・・・?たまには会話もはずんだり?

隣りでやっている人の形をみて、「それもいいなあ」と思ったり? それぞれの時間が過ぎていきます。

だんだん、だんだんできあがっていくにつれて愛おしくなっちゃうスプーン。

ここもうちょっと削ろうかなとか、もうそろそろいいかな、と思ってもまた削る。。。

スプーンも削りながら、まじさんの道具が気になったり・・・

今回、みんなの注目を集めた、道具ケース。「これが作りたいです!」といった声も(笑)

かっこよすぎました!

手作りのものがほとんど。市販品さえも、こうしたら使いやすくなるかな?と手が加えられています。

定番のリュックにも革タグを縫いつけたり、ジッパータブもロープを編んだものに付け替えて。

まさに自分だけのオリジナル品に変わります。まじさんマジックですね。

そして、楽しい時間はあっという間。こんなに長居するつもりなかったのにな~と気が付いたら夕暮れ。

ランタンに照らされて、さらに雰囲気がでました。

ん?蓮根?? いえいえ、お玉のような木杓子のような大きいスプーンです

みなさん思い思いのスプーンができあがりました。

帰ってからもまだ手を加えたい!!とカービングナイフを購入するかたも。

何でも手作りしたくなりますね。

まじさんのワークショップは毎回人気ですが、またスタンレーのボトルストラップを作るワークショップをやってほしいです!ナイフのシースも作ってみたいなど、たくさんのお声をいただきました。

あちこちからお声がかかる大変お忙しいまじさんですが、またぜひsotosotodaysでワークショップを開催していただけるよう計画を進めていきます!

今回、参加できなかったかたもぜひまたご参加ください。

お待ちしております。

この記事を書いた人

Maki Yuzurihara
Maki Yuzurihara
sotosotodays ショップスタッフ
シーグラスに夢中。休日は海をおさんぽしてます。
ドライブ大好き!思い立ったが吉日。
“行き当たりばっ旅”が得意です。

スポンサード リンク